「西江雅之の写真—地球は我が家」展のお知らせです。

 

双ギャラリーでは2月28日(金)より、「西江雅之の写真—地球は我が家」を行うこととなりましたので、ご案内いたします。

文化人類学・言語学者として世界を旅した西江雅之(1937〜2015)は、双ギャラリーが1985年にオープンした当時からのお付き合いがあり、ギャラリーに携わる様々な人々に多大な影響を与えた人物です。

専門の文化人類学、言語学のみならず、実に多彩な知識と圧倒的な語彙、まるでパフォーマンスのような西江の話に時を忘れて引き込まれたのが思い出されます。

西江は学者としての活動の傍ら、数多くの美しい写真を遺しました。双ギャラリーでは2011年に写真展を行っています。没後5年を迎え、今尚色褪せない西江の世界をご紹介いたします。 続きを読む

カテゴリー: アート, お知らせ, 個展 | タグ: , , , | 「西江雅之の写真—地球は我が家」展のお知らせです。 はコメントを受け付けていません。

明日より始まる展覧会のお知らせです。

 

双ギャラリーでは明日1月25日(土)より、松本春崇「旅の終わり展」旅する家縛りプロジェクト 縄の聖地・信州へ を行います。

各地を旅して来た家縛りが一段落し、その記録と報告展となります。

明日1月25日(土)14:00よりシンポジウムも行われます。

それに引き続き作家を囲んでささやかなオープニングパーティーも行われます。

是非とも足をお運びくださいますよう、お願い申し上げます。


松本春崇「旅の終わり展」

旅する家縛りプロジェクト 縄の聖地・信州へ

2020年 1月25日(土)〜2月9日(日)
月・火曜日休廊
13:00〜18:00(日曜日は17:00まで)

助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

関連企画:
シンポジウム「縄の聖地への旅を終えて」

2020年 1月25日(土) 14:00〜16:00
出演者
石埜三千穂(諏訪信仰研究会スワニミズム理事)
四方幸子(キュレーター、多摩美術大学客員教授、東京造形大学客員教授)
山内志朗 (慶応義塾大学教授)
角田良江(hmp Art)
松本春崇(hmp Art)

カテゴリー: アート, 個展 | タグ: , , , , | 明日より始まる展覧会のお知らせです。 はコメントを受け付けていません。

双ギャラリーより、松本春崇「旅の終わり展」 旅する家縛りプロジェクト 縄の聖地・信州へ のお知らせです。

 

 

双ギャラリーでは1月25日(土)より、松本春崇による「旅の終わり展」を行う事となりましたのでご案内申し上げます。

 

2019年5月、松本春崇のプロジェクト「旅する家縛りプロジェクト 縄の聖地・信州へ」が双ギャラリーを起点とし、スタートしました。

家縛りプロジェクトは、アーティストの松本春崇がコンセプトを立ち上げてスタートしたアートプロジェクトです。家を縄で、その家族や友人たちと一緒に十字に縛り、その記憶や痕跡を残す新しい縄文芸術です。

続きを読む

カテゴリー: アート, 個展 | タグ: , , , | 双ギャラリーより、松本春崇「旅の終わり展」 旅する家縛りプロジェクト 縄の聖地・信州へ のお知らせです。 はコメントを受け付けていません。