双アーティスト店、今回は松崎昭彦と山田恵子の作品のご紹介です。

 

双アーティスト展でご紹介する最後は二人の作家、松崎昭彦と山田恵子です。

8月9日の会期終了ぎりぎりになってしまいましたが、ここにまとめてあげることにいたします。

 

二人は東京造形大学出身で山田は絵画科、そして松崎は彫刻を出ています。

山田が展覧会の時は松崎が全面的にパートナーとしてフォローしていきます。

松崎の時もしかりです。

 

鉄を扱う作家としてとても一人ではできない事は見て取れます。

長い学生時代から現在まで変わらぬ制作態度をとってきました。

 

松崎は、以前は色々な素材を使っていましたが、20年余りは錫を使っています。錫を溶かして柔らかいうちに形を作って行きます。作品は無垢で重量がごく小さなものでも重くどっしりしています。エネルギッシュなカタチは作品を作り上げる姿を彷彿としてきます。

山田は新人の頃から鉄をつかってきました。初期の頃の作品はダンボールをハサミで刻んで色をつけたというほど、重量感をみませんでした。1993年に双ギャラリーの始めての展覧会で見せた作品「累項」も軽やかさと重厚感を併せ持ち、それが色彩でさらに軽やかに見えるというものでした。最初の時から30年近くが経っていますが、制作の意欲は少しも変わってはいません。近年は出身が油画でしたので絵画の方も手がけています。


双アーティスト展

一色ちか子、伊藤誠、島州一、多田正美、出店久夫、中里伸也、保坂毅、松崎昭彦、山田恵子
2020
627日(土)〜89日(日)
金曜日〜日曜日のみのオープン
13
001800(日曜日は17:00まで)

 

 

カテゴリー: アート, お知らせ, 常設展・グループ展 タグ: , , , , パーマリンク