明日より始まる展覧会のお知らせです。

 

双ギャラリーでは明日1月25日(土)より、松本春崇「旅の終わり展」旅する家縛りプロジェクト 縄の聖地・信州へ を行います。

各地を旅して来た家縛りが一段落し、その記録と報告展となります。

明日1月25日(土)14:00よりシンポジウムも行われます。

それに引き続き作家を囲んでささやかなオープニングパーティーも行われます。

是非とも足をお運びくださいますよう、お願い申し上げます。


松本春崇「旅の終わり展」

旅する家縛りプロジェクト 縄の聖地・信州へ

2020年 1月25日(土)〜2月9日(日)
月・火曜日休廊
13:00〜18:00(日曜日は17:00まで)

助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

関連企画:
シンポジウム「縄の聖地への旅を終えて」

2020年 1月25日(土) 14:00〜16:00
出演者
石埜三千穂(諏訪信仰研究会スワニミズム理事)
四方幸子(キュレーター、多摩美術大学客員教授、東京造形大学客員教授)
山内志朗 (慶応義塾大学教授)
角田良江(hmp Art)
松本春崇(hmp Art)

カテゴリー: アート, 個展 タグ: , , , , パーマリンク