ペーパーワーク 時代の検証

 

2013年も明けました。

今年は巳年ですね。しつこく、そして楽しい企画をやっていきますので、今年もよろしくお願いいたします。

今年の最初の展覧会は、多様なペーパーワークの 仕事を展示してみました。

一口に紙の仕事と言っても多種多様です。ちょっとしたドローイングから、制作と言う意図で作られた重厚な作品もあります。壁に描く変わりにトレーシングペーパーに勢い良く描かれたもの、そして勿論版画の仕事もあります。

島州一のコラージュした作品と版画に制作したものなどは、触ってみないと版画と分からないような作品もあります。島のフィンガープリントを再構築した作品などは圧巻です。

山口長男の版画作品は殆どないのですが、工房へ通い、楽しんで作ったのが良く分かります。殆ど晩年の作品です。

一点ずつ作品には思い込みがあり、説明をすると長くなってしまいますので、作者の名前のみに止めますので、是非、足をお運びになって下さい。

島州一、鴫剛、菅木志雄、松村要二、シェーラ・キーリー、山口長男、テリー・ウインター、尹煕倉、吉原治良、馬場彬、カッチー・ディアスコーン

ポスター作品 クリスト、マンレイ、ジムダイン、山中伸夫(一周忌、7回忌)

01

02

03

04

05

 

ペーパーワーク 時代の検証

2013年1月12日(土)~2月17日(日)
金・土・日曜日のみのオープン
13:00〜18:00(日曜日は17:00まで)

カテゴリー: アート, お知らせ, 常設展・グループ展 タグ: パーマリンク