双アーティスト展、今回は中里伸也の作品のご紹介です。

 

双ギャラリーで行われている双アーティスト展。

6番目の作家、中里伸也まで進んできました。

中里は純粋に写真の王道をゆく作家だと思います。しかし手法がどんどん写真から離れてゆきます。近年は、恰も絵画のように見える作品を制作し続けています。

一見写真の技法の中から大きく逸脱しても、やはり写真に拘り続けています。

塗り込められた絵画のうちに、目にする事のできない被写体が広がっているのです。

 

中里は1973年東京に生まれます。

学校は、プラット・インスティテュート芸術学部写真学科(ブルックリン/ニューヨーク)を2003年卒業。その後ポーラ美術財団在外研修員としてパリで1年を送ります。

 

中里の初期の作品は、写真家なら誰でも知っているウジェーヌ・アジェの作品をモティーフにしてダンボールで立ち上げ、それを撮る。気の遠くなるような作業を繰り返し、作品化します。それに鶏卵紙を使って時代色を出しています。私はアジェがとても好きでしたので初めて作品を見たときは、本当に驚いたのをよく覚えています。

 

それからの作品の変貌は大きく、展覧会の度に新たな発見があります。写真という枠の中では捉えられないと言えるかもしれません。

 

例えばパリで過ごした時代はセザンヌ風でリンゴや洋ナシをたくさん撮っています。じっくり構成していき、まるで絵画かと思われるほどです。

また、アフター・ザ・デ・クーニングの作品はアトリエにガラスを使って(重層的)に彼の考えるデ・クーニング像を形にします。

アフター・ザ・ド・スタールは、色彩豊かなド・スタールの作品のイメージを見事に再現しています。(しかし特定の作品の模倣ではありません。)

更に変貌する彼の作品は、写真のイメージさえ消すほど、印画紙の上に抽象的な画像で絵画とも写真とも言えない、中里にしか創り得ない新しい作品の形が生まれてきました。

 

untitled

2006~2007

20.3×25.4cm

Albumen print

アジェ02.jpg

untitled

2006~2007

25.4×20.3cm

Albumen print

untitled

2012年 30×34cm

type C print

sheets of glass in depth (after de kooning)

2012年 75×59.8cm

type C print

no.40

2016年 68.5×80cm

inkjet print on paper

untitled(after de Stael)

2017年 36.4×30.9cm

inkjet print on paper

untitled(after de Stael)

2017年 36.4×30.9cm

inkjet print on paper

untitled(after de Stael)

2018年 100×80cm

acrylic and inkjet print on paper

untitled

2018年 120×100cm

acrylic and pigment print on paper

untitled

2018年 120×100cm

acrylic and pigment print on paper


双アーティスト展

一色ちか子、伊藤誠、島州一、多田正美、出店久夫、中里伸也、保坂毅、松崎昭彦、山田恵子
2020
627日(土)〜89日(日)
金曜日〜日曜日のみのオープン
13
001800(日曜日は17:00まで)

 

尚、体調不良の方は御来廊をご遠慮くださいませ。またお越しの際はマスクの着用をお願いいたします。

また今後、新型コロナウイルスの感染状況により、再度休廊とさせていただく場合がございます。最新の情報はホームページやブログなどからご覧くださいませ。

カテゴリー: アート, お知らせ, 常設展・グループ展 | タグ: , , | 双アーティスト展、今回は中里伸也の作品のご紹介です。 はコメントを受け付けていません。

双アーティスト展、今回は出店久夫の作品のご紹介です。

 

双ギャラリーで行われている双アーティスト展。

5人目にご紹介する作家は出店久夫となります。

 

双ギャラリーの作家たちには一見、何の共通点もないように見えます。が、どの作家にも、奥底に通奏低音のように響き一つに繋がっていく、何かがあるような気がしてきます。

私が以前書きました出店のカタログの冒頭に、「他に類を見ない方法で日々ひたすら真実を求めて制作している」とありますが、彼には確かなオリジナリティーがあります。

 

出店は1945年に福井県で生まれます。その後京都に移住、京都市立日吉ヶ丘美術コース洋画科を卒業します。

 

初個展は1985年ですから、作家のキャリアのスタートとしてはそんなに早くはありません。しかし以後は精力的に美術館の賞などを獲得し、個展もほぼ毎年のように開いています。

 

最初の頃は絵画を描いていました。しかし絵画からはリアリティを感じられないもどかしさから、仕事で覚えていた写真を使う方法に行きつきます。

このコンピューターの時代に、写真を撮り、切り、貼り、そして反転、反復を繰り返しコラージュ(実に精巧な)作品に仕上げ、それを写真に撮り、手彩色を施し完成します。

それは気の遠くなるような作業を楽しんで、出店自身のシュールレアリズムの世界へ高めていきます。

今年の2月に福井県立美術館で行われた、「アートを変革したシュールレアリストたち」に於いて、シュールレアリストの一人として出店が招聘されました。

 

新型コロナウイルスの影響のためどこにも行けず、出店もアトリエに籠もり制作三昧の生活を送ったそうです。その為本展覧会では全作新作を出品しています。

その中でも「本」のシリーズは今までの作品とは一味違います。

本のカタチをしたボックスの中には、出店の拘りのある世界を作り、そして更に凝縮していきます。丁寧な仕事が、見るものを何処か不思議な世界へ誘ってくれます。

小品も今までの殻を破ったかのように、生き生きとして、生を謳歌しているように見えます。

コッコッコー

2020

チバクロームプリント、ゼラチンシルバープリント、手彩色、イヤリング片、金具、木片、オモチャ片、鳥人形

30.1×40.2×4.9cm

 

ワンダーランド

2020

チバクロームプリント、ゼラチンシルバープリント、手彩色

人形、指輪、木の実

26.6×30.7×5.6cm

小さな人形

2020

チバクロームプリント、黄糸、カル石、土人形、メタルピン

21.3×27.5×5.5cm

サイのいる工場

2020

キャンバス+パネル、ジェッソ、ゼラチンシルバープリント、写真染料、色鉛筆、アクリル、ニス

32.2×41cm

古代の地

2020

キャンバス+パネル、ジェッソ、ゼラチンシルバープリント、写真染料、色鉛筆、アクリル、ニス

39×46.7cm

 

月面の花

2020

キャンバス+パネル、ジェッソ、ゼラチンシルバープリント、写真染料、色鉛筆、アクリル、ニス

 


双アーティスト展

一色ちか子、伊藤誠、島州一、多田正美、出店久夫、中里伸也、保坂毅、松崎昭彦、山田恵子
2020
627日(土)〜89日(日)
金曜日〜日曜日のみのオープン
13
001800(日曜日は17:00まで)

 

尚、体調不良の方は御来廊をご遠慮くださいませ。またお越しの際はマスクの着用をお願いいたします。

また今後、新型コロナウイルスの感染状況により、再度休廊とさせていただく場合がございます。最新の情報はホームページやブログなどからご覧くださいませ。

カテゴリー: アート, お知らせ, 常設展・グループ展 | タグ: , , | 双アーティスト展、今回は出店久夫の作品のご紹介です。 はコメントを受け付けていません。

双アーティスト展、今回は多田正美の作品のご紹介です。

 

現在双ギャラリーで行われている、双アーティスト展。

4人目にご紹介する作家は多田正美になります。

多田は、双ギャラリーを絵画、彫刻に止まらず多様な方面に目を向けるきっかけとなったという意味でも、重要な作家かもしれません。

1986年、一周年記念展として70年代「もの派」をテーマにした展覧会を行いました。そしてサウンドにも関心がありましたので「70年代・環境・即興・音楽・その無名性の展開」という展覧会を開きました。その中の作家の一人が多田正美でした。

当時、同じ樹を1年間365枚、同じ時間、同じ場所で撮るというコンセプチュアルな写真を撮っていました。この写真に興味が湧き、翌年に個展をしてその後今日まで30数年関わってきました。

即興演奏を「サウンドエンカウンター」というネーミングで、主体としては竹・枯れ枝・石、他に電子音も用い、音に変換できるものは凡ゆるものを使って音を出す、という方法で音のパフォーマンスをしてきました。

 

多田は1973年、昭和音大を卒業。その後、美学校で小杉武久に教えを受けます。

1999年から2000年まで文化庁在外芸術家研修員としてオランダのアイントホーフェンで学びます。

写真の技法としては、写真の上から電気ゴテでドローイングする。透明メデイウムを写真に乗せ、またその上から描く。と、進化をしていきます。

星光軌跡の写真は夜空でも一際明るい星の、金星にピントを合わせ自分の身体を動かせて空にドローイングしています。
自宅の空を10数年も撮っていましたが、この写真のような不思議な空が撮れました。この頃から自分の家の近くの山の自然に目が向くようになります。
そして次第に木々の緑濃い世界から大地に視線が移ってきました。

 

月光軌跡

2008

カラー写真・エレクトリックドローイング/アクリル加工

45.5×30cm

星光軌跡

2008

カラー写真・エレクトリックドローイング/アクリル加工

30×45.5cm

日中070512.10:44:59

2008

カラープリント+エレクトリック・ドローイング/アクリル加工

70×105cm

風景の場・夏 #12

2009

カラー写真/フレーム共に透明メディウム

30.5×45.5㎝/44.5×59.5㎝

 

上記の4点の作品は現在展示中です。

 

夕方 070801.06:58:34pm

2008

カラープリント、エレクトリックドローイング

90×135cm

 

 

 


双アーティスト展

一色ちか子、伊藤誠、島州一、多田正美、出店久夫、中里伸也、保坂毅、松崎昭彦、山田恵子
2020
627日(土)〜89日(日)
金曜日〜日曜日のみのオープン
13
001800(日曜日は17:00まで)

 

尚、体調不良の方は御来廊をご遠慮くださいませ。またお越しの際はマスクの着用をお願いいたします。

また今後、新型コロナウイルスの感染状況により、再度休廊とさせていただく場合がございます。最新の情報はホームページやブログなどからご覧くださいませ。

カテゴリー: アート, お知らせ, 常設展・グループ展 | タグ: , , | 双アーティスト展、今回は多田正美の作品のご紹介です。 はコメントを受け付けていません。