中里伸也展 「心の部屋」

展示期間:2021312日〜44


数年前から写真と絵画の両方のメディアを通じ抽象表現を試みてきました。それは今までの伝統的な写真、または絵画に変わる何か中間的な表現の模索であり、またそれは作為、不作為のどちらでもないどこか浮遊したイメージを定着させる試みでもあったと思います。今回、写真のために制作した小さな部屋には日々の創作の過程で創出された断片を散りばめた一つの鑑賞空間を制作しました。それは一見何の意味も持たない断片に対して「見る行為」の動機付けを与える一つの装置のようなものだと考えます。そして、その装置が鑑賞者を新たな抽象の世界へと導く入口を示す一つのガイドになればと思います。

中里伸也



関連記事一覧