島州一展

展示期間: 2016年2月5日~28日

今回の作品は添景シリーズ。
全て過去の作品に島のアイコンが入るという、少し不思議な作品である。過去の作品が、椅子やバッテン、それに目、鼻、唇、そして髪の毛ともおぼしきカラフルなイメージが描き加えわえられ、少し大人しい雰囲気の作品が、若い作家の描いた瑞々しい作品とも見えてくる。
旧作に筆を加えるというのは、新たな作品に生まれていく行為であり、島の力量が確かなものと言えるだろう。過去に「アナログとデジタルの変換」という展覧会をしたことがあるが、意味は少し違うかもしれないけれど、このタイトルのような作品が生まれたのかもしれない。

SHIMA Kuniichi