多田正美展『SOUND ENCOUNTER 地面の写真(七十二候から)/GAPから 写真と場/即興ー音そのものに向かう』

展示期間:  2018年7月7日~8月5日

今まで多田のライブに冠していた「SOUND ENCOUNTER」を展覧会のタイトルとし、音と出会う、ということを主眼とします。会期中の週末、5回のライブを開催いたします。
副題の『地面写真(七十二候から)』とございますが、七十二候とは1年を72に分ける古代中国の季節の表し方です。
多田が自然の営みを見続ける行為の中で、季節それぞれの移ろいの中から大地に強い興味が湧き出し、大地(地面)に視点を合わせた写真をインスタレーション致します。
そして日本の七十二候にちなんだ映像と音をビデオで流します。

また副題の『地面の写真 (七十二候から)/ GAPから』/の後に続くGAPは、多田の音の原点ともいう若き日に結成された佐野清彦、曽我傑とのグループ名です。
今回の展覧会に合わせたライブの4回目に、伝説のGAPがライブを行う事となりました。
また、各ライブともそれぞれテーマ性のある内容となっております。

Visual Portfolio, Posts & Image Gallery for WordPress

SOUND ENCOUNTER(全5回)
7月7日(土) 16:00〜  多田正美solo 七十二候/小暑初候 温風至
7月14日(土) 14:00〜 無名性の音放たれ散っては消え行く ゲスト:越川T+X ・・(マージナル現象とは)
7月22日(日)   14:00〜  音は見えないものでもなく心が形に生じ紡ぐ  ゲスト:千葉博之(cutupnoise)
7月29日(日)   14:00〜  GAP 佐野清彦、曽我傑、多田正美による「瞬間に散逸せし音群の密度」即興集会
8月5日(日) 14:00〜 開かれた五感を覚ます即興

TADA Masami:


関連記事一覧