次回の展覧会 双ギャラリーコレクション展 現代美術の躍動期 1970年〜1990年のお知らせです。

 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

双ギャラリーの新年はコレクション展から始まります。

ちょっと時代を遡り、テーマを決めて展示をする予定です。

本展覧会は「現代美術の躍動期」と名付けて、1970年から1990年に区切って展示します。

展示作家は、菅井汲、オノサトトシノブ、山口長男、李禹煥、関根伸夫、菅木志雄、森村泰昌、柳幸典の8人です。

 

この時代、現代美術も漸くマーケットが動き出し市場性を得てきた頃ではないでしょうか。世に言うバブルが生まれ終焉した時期とも重なります。

あの活気が少し懐かしさを持って思い出されてきます。

今はガラッと美術を取り巻く環境も変わりましたが、作品の持つ力は少しも変わらないと思います。

年明けの展覧会で懐かしい作品も多くあると思いますが、画廊に足を運んでご自分の目で見ていただけると幸いです。

是非、ご高覧くださいませ。


双ギャラリーコレクション展
現代美術の躍動期
1970年〜1990年

2017年1月8日(日)〜29日(日)

金・土・日曜日のみのオープン
13:00~18:00(日曜日は17:00まで)

カテゴリー: アート, 常設展・グループ展 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク