次回の展覧会

次回の展覧会のお知らせです。

 

「予告篇」 伊藤誠 多田正美 出店久夫 + 西江雅之

2014年5月9日(金)〜8月3日(日)


この展覧会は5月から8月までの約三ヶ月に及びますが、展示されている作品も変わるかもしれないし、どんどん更新するかもしれません。全く見通しの立たない展覧会と言えるでしょう。

ここに今回の参加作家、伊藤誠の書いた文章を載せましたが、文中にこの展覧会の本質がすべて要約されているようでもあります。

双ギャラリーがオープンして30年近く、アートの現場も大きく変わったようです。今更敢えてこんなクリティカルワークショップ(勉強会)とも言うような展覧会に臨む意味はないかもしれませんが、しかし何か、どこかで必然を感じています。

見た目の印象だけで作品の価値が決まる訳ではありません。ビジネス優先のようなアートの業界に小さな、小さな波紋でも広がればこの展覧会の意味が見えてくるかもしれません。でも見えてこなくても良いのです。

作家たちが今までと異なる表現に繋がっていくか、また、何かを感じてくれれば、それはそれで良いのかもしれないと思っています。


「予告篇」

 展覧会が予告篇であるわけが無い。本番だ。しかし本当だろうか?本当にリアルで生々しい「場」になっている展覧会なんてあるのだろうか?全てはむしろそれを疑う意味で敢えてこのタイトルを選んだ。

 ここにいる3人はもう若手作家ではない。しかし往生際が悪い初老・中年として、作家としての得意技を封印してでも一つの「場」を作るため積極的な逸脱に及ぶ事になるだろう。

 この展覧会は新たな表現に向うエクササイズ、それもドローイングやパフォーマンスといった既成の概念では掬いきれない逸脱を伴ったエクササイズをそれぞれの作家が行うという特徴がある。またこの間に講師による連続したクリティカルワークショップ(勉強会)を行う。

 またそれはこの展覧会の後に続く、新たな「場」を作ってゆく次世代の作家たちの予告篇という意味も込めてこのタイトルが付けられている。

伊藤 誠


以下の日程でイベントがございます。

5月11日(日) 15:00〜19:00

みる・・・          西江雅之(トーク)

伊藤誠(パフォーマンス)

多田正美(サウンド・エンカウンター)

出店久夫(写真コラージュの消しと再現)

出店久夫

出店久夫

 

6月8日(日) 16:00〜19:00

きく・・・            西江雅之(トーク)

多田正美(サウンド・エンカウンター)

 

多田正美

多田正美

多田正美

多田正美

7月6日(日) 16:00〜19:00

はなす・・・       西江雅之(トーク)

伊藤誠 (パフォーマンス)

 

伊藤誠

伊藤誠

伊藤誠

伊藤誠

8月3日(日)15:00〜

エンディング 多田正美(サウンド・エンカウンター)

※各イベントにおいて、混雑時は入場を制限させていただく場合があります。ご了承ください。

カテゴリー: お知らせ, 常設展・グループ展 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク