会場風景
image
会場風景


吉澤美香が個展を行うのは、2001年以来実に2年振りになります。
吉澤美香は1980年代より内外から高い評価を受けてきましたが、一貫して描く事を追求してきました。
彼女は制作するにあたり、素材の質感を大切にしており、以前はアクリル板やポリプロピレンなどの支持体を使用してきましたが、ここ数年はユポという合成紙のようなポリプロピレンの支持体を使用するようになりました。彼女の作品の最大の特長であるストロークや「消す」という作業が行われるには適した素材だと言えるのかもしれません。

会場風景