会場風景

多田正美は、音、映像、写真などで知られる作家です。パフォーマンスを「サウンド・エンカウンター」と呼称し、国内外で多様な活躍をしています。
彼の音と映像が中心のパフォーマンスは、現代の生活の中にいてどこかに置き忘れている五感を、「作り手の多田」「受け取る我々」が呼応しながら創られていきます。彼の身体につけられたカメラは、激しいアクションからうまれる音と共に、次々映像
をも造り出していきます。